自分に合ったブラを選ぶことで得られる嬉しい効果

自分に合ったブラを選ぶことで得られる嬉しい効果

女性のバスト

自分のブラが正しいサイズかどうか確かめよう

サイズが合っていないブラは、なにかしら体にストレスを与えてしまっています。気づいたらブラのアンダー部分を自分で上げ下げして調節していたり、肩紐がよくずれ落ちたり、着けていると圧迫感を感じたりしている場合は体に合っていないブラといえます。体にストレスを与えないためにも、そのようなブラは処分して新しいブラに買い換えるようにしましょう。

サイズが合わないと効果がなくなってしまうことも…

ワイヤーの入ったタイプのものや入っていないもの、就寝時専用のもの、バストアップ効果のあるものなど、ブラの種類はさまざまです。しかし、それぞれきちんと自分に合ったサイズのものを購入しないと綺麗なバストを保つことができないだけでなく、バストアップ効果のあるブラもきちんと機能してくれません。

自分でできるブラのサイズ確認法

自分でそのサイズをたった状態のまま確認する場合は、カップの上部がバストに食い込んでいないか、カップの両脇からバストがハミ出ていないか、アンダー部分が食い込んでいないかなど、しっかりと確認しましょう。背中部分もチェックし、背中のお肉にブラが食い込んでいたり、ホック部分が肩甲骨のところまで上がってしまっている場合はサイズが合っていないといえるでしょう。

着用時に目で見て確かめる

ブラのサイズが合っているか確認する方法に、着用してから目で見て確かめるという方法があります。カップの形と自分のバストの下部の形が合っていなかったり、乳頭部分がカップの真ん中にきていない場合もブラのサイズが合っていないことになります。

正しいサイズを選ぶわけ

ブラを購入する際に正しいサイズを選ぶことができていないと、バストの形が崩れてしまったり、サイズダウンに繋がってしまいます。美しいバストを保つためにも、まずは自分のつけているブラが正しいサイズかどうかチェックすることが大切なのです。購入した方のご意見を紹介するので、正しいブラを選ぶことでどのようなメリットがあるのか理解し、ブラ選びの参考にしてみてください。

自分に合うサイズのブラを購入している方のご意見

ひどい肩こりが楽になった!

小さいサイズのブラの方がバストが固定されるというイメージがあり、ずっと小さめのものを選んでいました。しかし、きちんと自分のサイズに合ったものを選ばなくてはいけないと知ったので、正しいサイズを調べて着用したところ、着心地もよく今まで悩んでいた肩こりも楽になりました。ブラのサイズが小さかったため、肩紐が食い込んで肩こりを招いていたようです。

胸の形がきれいになりました

胸が小さく、離れているのが悩みでした。締め付けられるのが嫌だったのでなるべく緩めのサイズを選んでいたのですが、それがダメだったようです…。ちゃんとアンダーバストのサイズも測り、自分に合ったものを選ぶようにしたところ、谷間もできて綺麗な形の胸になりました。

ワイヤーが痛かった原因はサイズだったようです…

ワイヤーの跡が気になることが多かったのですが、原因がブラのサイズということがわかり、すぐにショップの方にサイズを測ってもらい自分に合ったサイズを選んでもらいました。1年ごとにサイズを測るといいと教えてもらったので、定期的に測ってそのときそのときに自分に合ったサイズのものを買うようにしています。

1サイズ変わりました

胸が小さいことが悩みでしたが、アンダーとトップを測ってからブラジャーを選んだところ、胸のサイズが1つ大きくなりました!合わないブラを着けていたときは背中の方に流れていってしまっていたようです。自分に合うブラって大事なんだなと実感しました。

広告募集中